テキスト検索の方法

<戻る>

重要事項

このtatoeba.orgの検索エンジン(Manticore, 旧名称Sphinx)は、他の標準的な検索エンジンとは仕様が異なります。

検索を行う際に、検索のための特殊記号である 疑問符(?) や 感嘆符(!) は、通常検索で使用することはできません。

また、日本語や中国語など、単語と単語の間にスペースを入れない言語を検索する場合は、検索文字列を二重引用符(“)で囲んでください。詳しくは、「単語区切りのない言語について」を参照してください。

検索オプション

このヘルプでは、Tatoebaサイトの上部にある検索バーで使用する検索文字列の適切な設定方法を説明しています。Tatoeba検索は、Googleの検索と同じような機能を有しますが、いくつか異なる点があります。

  • 英文の中に、"live", "lives", "living", "lived"を含む文を抽出するためには、検索文字列に "live" を指定します。(大文字・小文字は区別されません。そのため、検索結果には、"Live", "Living"などが含まれます。)

  • 完全一致させるためには、検索したい文字列の前に等号(=)を付けます。(大文字・小文字の区別はありません。)

  • 検索文字列の中に、パンクチュエーション(句読点)を含めないでください。ほとんどのパンクチュエーションは、無視されますが、疑問符(?) および 感嘆符(!) は特殊な検索文字として機能するため、特に注意が必要です。

    • 次の検索文字列を指定すると、正しい検索結果を得ることはできません。

    • ただし、次の検索文字列を指定すると、検索結果の中に”How strange!”を含みます。

  • 検索したい文字列の最後にドル記号($)を付けた場合、その文字列で終わる文を検索します。次の検索文字列は、"Tom"で終わる英文を検索結果に表示します。

  • ほとんどのパンクチュエーションは、検索で見つけることはできません。しかし、ドル記号($)とアンダーバー(_)は特別で、その記号の前に円記号(¥)またはバックスラッシュを付けることで、それらの文字を含む英文を検索結果に表示することができます。

  • 検索したい文字列の前にアクサンシルコンフレックス(^)を付けると、その文字列で始まる文を検索することができます。次の検索文字列は、”Tom”で始まる英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"Tom"で始まり"Mary"で終わる英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"Tom"または"He"で始まる英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"fasting", "fasted", または "fasts"を含む英文を検索結果に表示します。検索したい文字列に、等号(=)を付けることで、完全一致検索を行うことができるため、形容詞の形式である"fast", "faster" や "fastest"を除外した検索結果を得ることができます。

  • フレーズ(句、熟語、慣用句など)を検索するには、検索したいフレーズを二重引用符(")で囲みます。完全一致検索を行いたい場合は、各文字列の前に等号(=)をつけるか、または、二重引用符(")の直前に等号(=)を付けることで、二重引用符内のすべての文字列に一致するフレーズを検索結果に得ることができます。

  • "live in Boston", "living in Boston", "lives in Boston"などのフレーズを検索する場合は、次のような検索文字列を使用します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"live in Boston"というフレーズと完全一致する英文のみが検索結果に表示されます。

  • 次の検索文字列を指定すると、"I live in Boston"と完全一致するフレーズが検索されます。他の語を含むフレーズは検索結果に表示されません。

  • 次の検索文字列を指定すると、文頭に"Tom"がなく、文中にのみ"Tom"が含まれる英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、文頭や文末に"Tom"がなく、文中に"Tom"が含まれる英文を検索結果に表示します。

  • 検索文字列の中のクエスチョンマーク(?)は、1文字のワイルドカードです。

    • 次の検索文字列を指定すると、"whenever" や "wherever" が含まれる英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"eve"が含まれる6文字の文字列で、"eve"の前に任意の2文字、後ろに1文字が含まれる"clever", "eleven", "peeves", "uneven"などを検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"Tom"と"Mary"の文字列の間に2つの文字列を含み、なおかつ"Mary"と"John"の文字列の間に1つの文字列を含むフレーズを検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、文頭に"Tom"、文末に"Mary"を含み、なおかつ、"Tom"と"Mary"の間に任意の3つの文字列を含むフレーズを検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"red"で始まる文字列を持つ英文を検索結果に表示します。(この検索には、3文字以上指定する必要がります。)

  • 次の検索文字列を指定すると、"red"で終わる単語を持つ英文を検索結果を表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、文字列の中に"red"を含む英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"French"を含むが、"Tom"を含まない英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"cheek"を含むが、マイナス記号(-)が付いた文字列を含まない英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"cat"が"dog"より先に現れる英文を検索結果に表示します。

  • 次の検索文字列を指定すると、"cat", "dog", "fish"のいずれか2つが含まれる英文を検索結果に表示します。

"I can't" を除外した "I can" のみの検索方法

  • 次の検索文字列を指定すると、"I can't" で始まる文字列を検索画面に表示します。

  • しかし、次の検索文字列を指定すると、"I can"と"I can't"の文を含みます。

  • “I can’t”を除外した ”I can” のみを検索する場合は、次の検索文字列を指定します。(注意:二重引用符が必要です)

単語区切りのない言語について

日本語や中国語など、単語と単語の間にスペースを入れない言語を検索する場合は、検索したい文字列を二重引用符(")で囲んでください。例えば、「逆に」という文字列を検索する場合は、検索文字列に

を指定します。また、二つ以上の文字列「逆に」と「企業」を検索する場合は、検索文字列に

を指定します。 二重引用符(")を省略した場合は、Tatoeba検索は、各文字を1つ1つの単語として検索するため、検索文字列に指定した文字1つ1つを含む全ての文章が検索されます。その場合、文字列としての塊やその並び順は、無視されます。